一騎」タグアーカイブ

【蒼穹のファフナー】真壁一騎という人間-補足

 【蒼穹のファフナー】一騎の右手を書いていた時、いつの間にか【蒼穹のファフナー】真壁一騎という人間の続きを書いていたことに気がついた。つまり、結論には達していなかったということになる。

 総士はフェストゥムから祝福され、その結果、肉体を取り戻してこの世に帰ってきた。その時、総士は左目が見える自分、すなわち自身が同化能力を持つフェストゥムであることを受け入れた。それでは島の祝福を受け入れた時、一騎は何を手に入れたのだろうか。

続きを読む

【蒼穹のファフナー】真壁一騎という人間

総士「ぼくはこの島のコアを守るために生きてるんだって、父さんに言われた。
   自分や他の誰かのために生きてちゃいけないんだって」

総士「ぼくは初めからどこにもいないんだ。
   だったら、お前と一つになれる場所に帰りたい、一騎」
一期15話

 総士は一騎といなくなることを望み、一騎はそれを拒否し、総士の左目に傷を負わせた。総士は左目に傷が残り、視力を失うという物理的な傷を負った。一方、一騎は心に傷を負った。

真壁一騎
「自分は大事な相手を傷つけても平気な人間」と思いこみ(後略)
冲方丁『冲方式ストーリー創作塾』(2005年、宝島社)(※1

 一騎は総士の左目を傷つけた後、一騎は「大事な相手を傷つけても平気な人間」だと思いこんだが、そのことは一騎にどのような影響を与えたのだろう。

続きを読む