蒼穹のファフナー EXODUS」カテゴリーアーカイブ

【蒼穹のファフナー THE BEYOND】世界を祝福する

 2024年5月29日、『蒼穹のファフナー』を理解し終わりました。以下に感想をまとめました。

 

●物語の終わり

 私は一騎と総士を理解すれば、物語は終わると思っていたので、このブログの中で「終わった」という言葉を使いました。しかし、物語を終わらせるためには一騎と総士だけなく、真矢を理解する必要があったのです。

カノン「我々はお前によって世界を祝福する」
『EXODUS』24話

 この言葉の意味を理解し、一騎が祝福した世界を見た時、物語が終わりました。

 

●THE BEYOND

 『THE BEYOND』で描かれたものは「真実」でした。この真実の中には過去の真実も含まれています。

 『THE BEYOND』は一騎が親になる物語でした。一騎は血縁関係のある子を持っていないため、母、紅音の姿をしたミョルニアから受け取ったマークザインから降りた時、親になりました。そのため、『THE BEYOND』は一騎がマークザインから降りた後から物語が始まりました。

 

●主人公

 私はずっと「『蒼穹のファフナー』の主人公は誰なのか?」という疑問を抱えていました。最終的な答えは「物語の主人公は一騎。視聴者のアバターとしての主人公は真矢」となりました。

 

●心残り

 『EXODUS』は総士の心残りを解消するための物語でした。『BEHIND THE LINE』は一騎の心残りを解消するための物語であり、『THE BEYOND』は真矢の心残りを解消するための物語でした。

 

●鍵

 『THE BEYOND』12話には物語を理解するための鍵が、『BEHIND THE LINE』には物語を理解し終わった時に使う鍵が含まれていました。

 

【物語の読み方】脚本

 稲田豊史『映画を早送りで見る人たち ファスト映画・ネタバレ――コンテンツ消費の現在形』(光文社新書)の言葉を手がかりに、『ファフナー』の脚本について考えてみたいと思います。

 

続きを読む