蒼穹のファフナー EXODUS」カテゴリーアーカイブ

【蒼穹のファフナー EXODUS】事象の地平線

総士「人類が知る限り、この宇宙で存在が無にのまれても存在した情報は失われない。
   無と存在の狭間にある事象の地平線は存在があったという情報の分だけ広がる。
   地平線のこちらに無はなく、あちらに存在はない。
   ミールとフェストゥムは未知の物理法則で地平線のエントロピーを得る無の申し子だ。
   僕は彼らの地平線と交わり、彼らの調和で再び存在を得た」
『EXODUS』14話

 『EXODUS』14話を初めて見た時、総士のこの台詞には一騎や真矢と同じく狐につままれた気分になった。しかし、それから3年半ほど経った現在でも、この台詞の意味するところはやっと半分くらい理解したような状態である。

続きを読む

【蒼穹のファフナー】あなたはそこにいますか

 『EXODUS』でやっと北極ミールが地球にやってきた経緯の一端が明かされたが、一期のアニメ本編では北極ミールがどのようにして人類を知り、地球にやってきたのかということについてほとんど描かれなかった。

続きを読む