カテゴリー別アーカイブ: メモ

掲載雑誌の変遷

 一期放送時の雑誌の記事を見たり、自分の過去の日記を再読して、ファフナーの記事が掲載されているアニメ雑誌は時代とともに変化していた。作品ごとに記事が掲載されている雑誌について感じたことをまとめてみた。

続きを読む

尾道アニメ2本立て

 一騎生誕祭(2018年9月21日)の時に『ファフナー』の一期が中国放送(RCC)で放送されることが発表されました。今なぜ2004年の作品が放送されるのだろうと思ったら、尾道が舞台の2018年秋の新作アニメ『ソラとウミのアイダ』の後に『ファフナー』が放送されるという編成になっていました。中国放送の2018秋新番組のページの深夜アニメのコーナーでは「尾道&鞆の浦が舞台のアニメが2本スタート」と書かれていました。

 また、中国放送の番組表では『ファフナー』に【舞台のモデルは尾道・鞆の浦】と書かれていることから、『ソラとウミのアイダ』と合わせて尾道を舞台にしたアニメを2本並べたということなのでしょう。

 2018年と2004年の作品を続けて見るとどんな感じなのだろうと思い、実際に続けて見てみました。

続きを読む

ワームスフィア

 フェストゥムによるワームスフィアの攻撃はノベライズで以下のように説明されている。

 それは、一見して巨大な黒い球体に見えた。凄まじい勢いで回転しているらしく、周囲にある木々がその勢いに巻き込まれて盛大に葉を散らした。
 かといって、その球体が、どこかから投げつけられたというのではない。
 何もなかった場所に、突然、その球体が発生したのだ。
 そしてその黒い回転の中に何もかも呑み込み――わずか数秒で消えていた。
 球体が発生した場所にあったものが、全て。破壊されたのではなく――消えたのだ。そこにあった壁が、家が、道路が、一瞬で消滅し、球体にえぐれた跡を残すばかりだった。
『蒼穹のファフナー ADOLESCENSE』(ハヤカワ文庫)

続きを読む