【蒼穹のファフナー】脚本家の違い

 山野辺脚本と冲方脚本では何が違うのだろう。

 谷崎潤一郎は『文章読本』の中で、『源氏物語』の原文とアーサー・ウェイリーが訳した『源氏物語』(英文)の一節を対比させ、その違いについて語っているのですが、その中に山野辺脚本と冲方脚本の違いを指摘していると感じる文章がありました。

僅かな言葉が暗示となって読者の想像力が働きだし、足りないところを読者自らが補うようにさせる。作家の筆は、ただその読者の想像を誘い出すようにするだけである。そう云うのが古典文の精神でありますが、西洋の書き方は、できるだけ狭く細かく限って行き、少しでも蔭のあることを許さず、読者に想像の余地を剰さない。
谷崎潤一郎『文章読本』(新潮文庫)

 『ファフナー』において、谷崎潤一郎の言うところの古典文のような書き方、つまり視聴者の想像力で行間を埋めるのが山野辺脚本であるのに対し、西洋の書き方、つまり論理的思考で行間を埋めるのが冲方脚本ということになります。

 視聴者が自らの想像力で行間を埋めるためには、脚本家と視聴者が物語の中では説明していない物語の世界観を共有していることが必要ですが、『ファフナー』は120年ほど未来を舞台にした作品であるため、脚本家と視聴者は物語の中では説明していない部分の物語の世界観を共有していません。そのため、私は行間を埋めることができず、意味のわからない場面が多発しました。しかし、冲方丁は『EXODUS』と『THE BEYOND』で、山野辺脚本では説明していない設定だけでなく、キャラクターの考えや心情も補完しました。

 

「蒼穹のファフナー BEHIND THE LINE」TV版の構成

 2024年1月2日にテレビで放送された『BEHIND THE LINE』には、平井久司原画による描き下ろしのアイキャッチが6枚追加されていました。TVKでは途中に入るCMはすべてローカルでしたが、BS日テレのCMはすべて『ファフナー』でした。以下に流れたCMを記載します。

 

『BEHIND THE LINE』(BS日テレ)

本編(アバン)

提供(総士の部屋にある写真)
angela / Start Again CM
『THE BEYOND』DVD/BD 1巻 CM ver1

本編(Aパート)

アイキャッチ1(カノンとショコラ)
『THE BEYOND』DVD/BD 1巻 CM ver2
『THE BEYOND』DVD/BD 2巻 CM ver1
アイキャッチ2(総士)

本編(Bパート)

アイキャッチ3(一騎)
『THE BEYOND』DVD/BD 2巻 CM ver2
『THE BEYOND』DVD/BD 3巻 CM ver1
アイキャッチ4(剣司と咲良)

本編(Cパート)

アイキャッチ5(真矢)
『THE BEYOND』DVD/BD 3巻 CM ver2
『THE BEYOND』DVD/BD 4巻 CM ver1
アイキャッチ6(一騎と総士)

本編(Dパート)

『THE BEYOND』DVD/BD 4巻 CM ver2
angela / Start Again CM
『BEHIND THE LINE』DVD/BD CM
提供(海を見るカノンと一騎)