コラム」カテゴリーアーカイブ

【蒼穹のファフナー EXODUS】傷

 総士「お前と島を守るために僕は生きている、そう思っていた」
 乙姫「一騎に傷つけられるまでは、でしょ」
一期22話

 総士が一騎に左目を傷つけられる前まで、乙姫を守ろうとする総士と乙姫は一心同体の状態だった。

カノン「だから守ろうとしているのか」
 真矢「えっ」
カノン「剛瑠島で働くのもファフナーに乗ったのも、
    一騎の居場所を守るためか」
 真矢「どうだろう。
    気づいたらそうしてた」
『EXODUS』3話

 総士と乙姫と同じく、一騎を守ろうとしていた真矢と一騎も一心同体の状態だったということになる。『EXODUS』は一騎と真矢が分離し、個を持つ人間に分離する物語だった。

続きを読む

【蒼穹のファフナー EXODUS】無から生まれた命

 一期放送時、皆城鞘の同化と乙姫の誕生は以下のように設定されていた。

乙姫/皆城公蔵と鞘の子供である。
ファフナー開発中における瀬戸内海ミールの再暴走により、研究施設内にて鞘が受胎16週目で襲われ、助けられるが半同化状態に陥る。同化の進行速度が速く、鞘の最後の希望により、胎児である乙姫が取り出され、人工子宮に移される。(※1

 しかし、『EXODUS』3話で皆城鞘の同化と乙姫の誕生が映像化されたが、設定とは少し違う描写がされていた。

続きを読む

【蒼穹のファフナー EXODUS】フェストゥムの形をした人 Part1

○皆城織姫
 乙姫が経験したこと全て、あらゆる知識を受け継いでいる。その上で、乙姫とは異なる人格と感情を持っている。
「作品コンセプト キャラクター概要 主要キーワード」冲方丁(※1

 総士の妹であり、竜宮島のコアである乙姫が転生して生まれた織姫は別の人格を持っていたが、親である乙姫の記憶をすべて保持していた。総士はフェストゥムに同化された後、体を取り戻してこの世に戻ってきた後、総士は竜宮島のコアに近い存在(※2)になり、乙姫と同じく同化されていなくなった後、転生してこそうしが生まれた。だが、竜宮島のコアとは異なり、こそうしは親である総士の記憶を引き継がなかった。

 なぜ、こそうしは総士の記憶を持っていなかったのだろう。

続きを読む

【蒼穹のファフナー EXODUS】元人類軍兵士

溝口「お前も人が良すぎるぜ。
   使い捨てにされた兵士を全員受け入れてやるなんてよ」
史彦「彼らがそれを望んでいた。
   拒む理由もない」
一期18話

 竜宮島に取り残された元人類軍の兵士を受け入れるという史彦の決断は溝口にさえ呆れられた。だが、彼らは『EXODUS』において竜宮島が存在し続けるために力を尽くした。

続きを読む