IGポート、ジーベックをサンライズに事業譲渡

 本日、ジーベックがIGポートからサンライズに事業譲渡されることが発表されました。IGポートとサンライズのプレスリリースは以下で公開されています。

IG Port
連結子会社の事業譲渡に関するお知らせ

サンライズ
新規IP創出および既存IPのイノベーションに向けて制作力を強化!
株式会社ジーベック映像制作事業譲受に関するお知らせ

 サンライズのプレスリリースに現行コンテンツであるファフナーの名前が上がっていないのが気になりました。

 

2018年11月21日追記:
 ジーベックに席があり、直接羽原社長の説明を聞いた演出家、うえだしげる(一期4、8、13、19話の絵コンテ、演出を担当)のツイートが参考になりました。この説明でIGポートとサンライズのプレスリリースを読んだ時に感じた疑問内容はほとんど解消。サンライズに譲渡されるのはポスプロ部門を除くジーベックのアニメーション制作部門のみ。サンライズは新会社を設立するため、ジーベックは消滅。ジーベックのIPはIGポートが管理することになり、ファフナーは『BEYOND』からIGということになるようです。

 『機動戦士ガンダム40周年プロジェクト』発表会の前日に事業譲渡を発表したということなのか。このプロジェクトのコンセプトはファフナーの新作のタイトルと同じ「BEYOND(ビヨンド)」でした。

 

2018年11月23日追記:
 昨晩、能戸総監督がツイートしていましたが、ファフナーの制作は大丈夫なようです。