【蒼穹のファフナー EXODUS】エヴァンゲリオンからイデオンへ

 『EXODUS』を見直すのと並行して、abemaTVで放送していた『伝説巨神イデオン』(1980年)を見ていました(※1)。『伝説巨神イデオン』を見るのはこれが2回目なのですが、予想以上に『EXODUS』とイデオンのストーリー展開が重なっていました。

 ※この記事には『伝説巨神イデオン』のネタばれが含まれています。

 

・孤立無援

 『伝説巨神イデオン』の主人公たちは敵であるバッフ・クランに追われるだけでなく、助けを求めた同じ地球人にも拒否され、最後には地球人はバッフ・クランと手を組んで敵になってしまった。これは『EXODUS』でペルセウス中隊とシュリーナガルの住民がたどったのと全く同じ流れ。イデオンの主人公たちには味方がいなかったが、ファフナーには竜宮島とボレアリオス・ミールという味方がいるというのが大きな違い。

 

・広登の死

 『伝説巨神イデオン』で主人公たちは当初生きるために戦っていたが、物語の終盤、眼の前で仲間が殺された後は復讐心に駆られて敵を攻撃するようになった。これを見るとファフナーは最終的に敵との共存を目指すという物語のテーマ故に、広登の生死は物語の最後近くまで不明という展開にしたように感じる。事実、広登の生死は不明ということで暉は人類軍に対する復讐心を募らせることなく、広登が生きていると信じることで長い旅を生き抜いた。

暉「本当は、わかってた。
  お前はもういないって。
  でも、そんなの、耐えられなくて」
『EXODUS』24話

 真矢を迎えに行った総士が広登の遺体を持ち帰ったが、その時、暉はもういなかった。

一騎「広登は」
総士「遺体の一部を持ち帰った」
一騎「敵か、それとも」
総士「不明だ。暉には僕が話す」
一騎「暉は、もういないんだ」
『EXODUS』25話

 『伝説巨神イデオン』を見ると、暉が広登の死を知らずにいなくなったのは、製作者の温情ではないだろうか。

 

・憎しみに満ちた世界

 『伝説巨神イデオン』の主人公たちは生き延びるために戦っていたが、仲間が敵に殺されていく姿を見続けた結果、敵味方問わず、仇を討つための戦いに変化してしまった。主人公ととも戦ってきたカーシャが最後には「そうよ、みんな星になってしまえ」(※2)と叫んでいたが、グレゴリ型が一騎と真矢に言った台詞が頭に浮かんだ。

グレゴリ型「みんないなくなればいいのに」
『EXODUS』13話

 また、『伝説巨神イデオン』は最後には主人公側も敵であるバッフ・クランも相手に対する憎しみに飲み込まれてしまった。

コスモ「俺たち出来損ない生物の、
    その憎しみの心を根絶やしにするためにイデは」
 ドバ「我らを戦わせたのか」
『伝説巨神イデオン』発動編

 敵味方双方の憎しみがぶつかりあった結果、この世界は終わってしまった。一方、住民を人類軍によって殺され、その後、新国連に利用され続けた海神島のコアも『伝説巨神イデオン』の登場人物と同じ憎しみという感情に染まり、地球にやってきた新たなミールを憎しみで同化しようとした。

グレゴリ型「さあ僕たちの憎しみを同化しろ」
『EXODUS』26話

 憎しみに満ちたベイグラントのコアがアルタイルを迎えた場合、地球はおそらく『伝説巨神イデオン』と同じく人類は消滅する。ただし、『伝説巨神イデオン』とは逆にファフナーでは地球上の人間がすべてアルタイルによって同化された時、人間の歴史は終わる。

 

・個から集団へ

《作品コンセプト》
 これまでは「個と個」を主に描いてきましたが、『EXODUS』では「集団と集団」へとテーマを発展させたいと思っております。
「作品コンセプト キャラクター概略 主要キーワード」(※3

 ファフナーは『新世紀エヴァンゲリオン』を下敷きにして始まった。そのテーマを「個と個」から「集団と集団」へと発展させた結果、『新世紀エヴァンゲリオン』に多大な影響を与えた『伝説巨神イデオン』に極めて近い作品になっていた。つまり、自分とは全く別の価値観を持つ存在との出会いを「個と個」で描いたものが『新世紀エヴァンゲリオン』、「集団と集団」で描いたものが『伝説巨神イデオン』ということになる。

 一期と『HEAVEN AND EARTH』が結論を出した『新世紀エヴァンゲリオン』だとしたら、『EXODUS』と『BEYOND』が目指しているのは、異星人との共存に成功した『伝説巨神イデオン』なのかもしれない。

 

P.S.  今回、abemaTVで『伝説巨神イデオン』発動編(1982年)を放送しなかったので、ネットでレンタルして見ました。『伝説巨神イデオン』の劇場版BDは値段が高くて諦めたのですが、やっぱり買っておくべきでした。再販しないかなあ。

 

※1 abemaTVで『伝説巨神イデオン』は2018年2月5日~3月2日に放送されましたが、放送時間が5時と17時と放送時に見るのは厳しく、見逃し配信で見ました。

※2 『伝説巨神イデオン』発動編の台詞。

※3 『蒼穹のファフナー EXODUS Blu-ray BOX』のブックレットに掲載。