月別アーカイブ: 2017年7月

冲方サミット「テスタメントシュピーゲル完結したよーー!!」

 2017年7月22日に新宿ロフトプラスワンで冲方サミットが開催され、ニコニコ生放送でも配信されました。リアルタイムで見ることはできなかったため、タイムシフトで見ました。

 

 ファフナーについての話はイベント後半の宣伝コーナーで出ました。まずはコミカライズから。6巻が9月9日発売と宣伝した後、編集者が「第一シリーズの全26話のうち、1/4を終わるか終わらないかという位置。これから巻いていくけど、理論上このペースでいくと全25巻くらいかかる」と言っていました。また、冲方丁が「企画立ち上げから考えると、実は(ファフナーは)シュピーゲルと同時期」と付け加えていました。

 それに続いて話は『BEYOND』に移りました。キング・レコードの宣伝担当から話すなと釘を刺されている中、冲方丁のコメントは以下の通り。

 アニメの制作って脚本が先行するって、当たり前なんだけど、今、半分終わりました。これからが佳境で大変です。この映像をみなさんが味わう日が来ると思うんですけど、そのときに今日の僕ががんばってたということを思い出してほしい。

 これに対して「総士のような」という突っ込みに対して、冲方丁が「これを見る頃には僕はもういないだろう。僕の名は冲方丁、みたいな」と返していたのが印象的。この後の講談社の編集者の言葉から、今年12月に総士生誕祭が開催されることは確実のようです。

 

【蒼穹のファフナー】島を出て行った一騎-補足

 2015年8月に書いたものの、2年近く非公開にしていた【蒼穹のファフナー】島を出て行った一騎に対する補足記事です。

 この記事と合わせて【蒼穹のファフナー】島を出て行った一騎を公開にしましたが、『EXODUS』の1クール目と2クール目の間に書いた記事ということが重要なので、記事の日付は2015年8月20日となっています。

 長年、非公開にしていた理由ですが、この記事を書いた直後の2015年8月24日に冲方丁の逮捕(後に不起訴)という事件があり、それから1ヶ月ほど後に怒涛の『EXODUS』2クール目の放送が始まってしまい、結果的に公開する時期を逸してしまったというところです。

続きを読む

ブログ全体をHTTPS化(常時SSL)

ブログ全体のHTTPS化(常時SSL)と合わせて、トップページのURLを変更しました。

http://lughs-chain.net/wp
   ↓
https://lughs-chain.net

お手数ですが、ブックマークの変更をお願いします。

「月刊少年シリウス」2017年8月号

 2ヶ月の休載を経て、連載再開。今号ではドラマCD『NO WHERE』の総士と一騎、一騎と真矢、総士と真矢が電話で話すシーンが描かれました。アニメ本編にドラマCDの内容を組み込むと、一騎、総士、真矢の三人がこれまでの出来事を振り返ったことで新展開(一騎が島を出る)を引っ張ってくる総集編のような趣があります。少年シリウスの公式サイトで、冒頭7ページが読めます。

 扉絵で単行本6巻が発売日は9月9日と発表されました。(amazonで当初、6巻の発売日は7月7日と発表されたものの、後で9月7日に延期が発表されました)単行本6巻にはページ数的におそらくこの8月号まで収録されると思います。

「蒼穹のファフナー」13周年

 『蒼穹のファフナー』の放送開始から今日で13周年。一期2クール目からリアルタイムで見ていますが、正直、こんなに続く作品になるとは思わず、前日譚の『RIGHT OF LEFT』を見終わった時に、この作品で終わりだと思ったことを思い出します。一期26話のラストも自分なりの後日談を考えたこと(※1)で受け入れ、続きを見たいという気持ちはあまりなかった。

 そういえば『EXODUS』が蒼穹のファフナー 10周年記念作品(※2)で、『EXODUS』2クール目が蒼穹のファフナー 11周年記念作品(※3)だったことを思い出しました。この調子だと『BEYOND』は15周年記念作品になりそうだ。

 

※1 『HEAVEN AND EARTH』公開後、2005年に形にしておくべきだったと後悔した。

※2 『蒼穹のファフナーEXODUS』第一弾PV、第二弾PV第三弾PVおよび、竜宮島回覧板EXODUS第3号第4号第5号第6号を参照。

※3 『蒼穹のファフナーEXODUS』第2クール第2弾PVおよび、竜宮島回覧板EXODUS第8号第9号を参照。