月別アーカイブ: 2016年6月

「蒼穹のファフナー」見直し時のメモ Part1

 6月に1日に1~2話のペースで『蒼穹のファフナー』を全話見ました。この作品を全話見るのは2015年7月~9月のニコ生以来です。『EXODUS』を最後まで見た後に見直すと、これまでとは少し違う視点で作品を見ることができました。あと今回初めてBlu-rayで全話見ました。全話見終わった後で気がついたけど、Blu-rayなら最終話だけでなく1話と2話もオンエア版を見るべきだった。

 1話見終わるごとにメモ書きしていったのですが、思ったよりも分量があったのでファイルを四分割しました。Part1は1話~10話です。

 『EXODUS』を最終話まで見た後の感想なので、『HEAVEN AND EARTH』及び『EXODUS』のネタバレ内容を含みます。

続きを読む

蒼穹のファフナー MEMORIAL BOOK

 5年半前から探していたけど、やっと部屋の中から見つかった!

 『HEAVEN AND EARTH』公開後(2011年初め)、部屋にあるファフナーの資料を発掘してひとまとめにしたのですが、買った記憶があるにも関わらず、『MEMORIAL BOOK』だけ見つからなかった。そのかわりなぜか『完全ビジュアルブック』が2冊出てきた(笑) 『EXODUS』の放送開始後(2015年初め)、もう一度部屋の中を探したけど、やはり見つからなかった。その後、買ったという記憶は思い違いだったのかと自問自答。中古の値段が落ち着いたら買おうと思っていた矢先、部屋で本を整理していたら、偶然見つかった。このムックと一緒に置いてあったのがガンダムUCの資料本だったのでさすがに泣いた。どこに目をつけていたんだ!

続きを読む

蒼穹のファフナー EXODUS 第26話-22「和解を目指して Part2-ニヒト」

 一期と『HEAVEN AND EARTH』は傷つけ合った一騎(人)と総士(フェストゥム)が互いを許し、和解する物語だった。『HEAVEN AND EARTH』で一騎と総士の和解の物語は終わり、『EXODUS』では人類軍の作ったファフナーでありながらフェストゥムに使役され、一期と『HEAVEN AND EARTH』で竜宮島に甚大な被害をもたらしたニヒトとの和解を目指すことになった。島のコアからニヒトとの和解という役割を与えられたのは総士だった。

 総士は一期と『HEAVEN AND EARTH』でフェストゥム側を象徴する存在だったが、『EXODUS』では一転し、竜宮島でただ一人ニヒトを扱えることから人(=竜宮島)を象徴する存在となった。そして、フェストゥムであるニヒトと向き合うことになった。

続きを読む

蒼穹のファフナー EXODUS 第26話-21「和解を目指して Part1-新国連」

総士「君は知るだろう。
   一度始まってしまった争いは、世代を越えて続くということを」 『EXODUS』4話

 『EXODUS』では一期と『HEAVEN AND EARTH』で敵対した人類軍と再び対話する機会が持たれたが、どんな結論に達したのだろうか。

続きを読む